FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イヤホンマイクの不具合品調べ

こんにちは!
無線機レンタルのソラーレです。

今回は、いつも使っているイヤホンマイクの不具合品を
どこが故障しているのか調べてみました!

はじめにイヤホンマイクの中を開けてみました。

鎌トレ EM2

細かい半田付けがたくさんされていてすごいですね。

●まず送信ができないものから調べていきました。
1.基盤のPTTの部分にテスターの先をあててダイヤルは抵抗に合わせます。
 
2.しっかり先を当てた状態でPTTを押します。
 今回の不具合品はこれで針が振れたので、PTTは異常なし、コードが断線しているということになります。
 振れなければPTTの故障なので、マイクは部品交換用になってしまいます。
 

●次に、受信ができないものを調べました。
 イヤホンの先を基盤につけて抑えながら
 音を聞いてみます。この時テスト中音の小さかったイヤホンや
 全く音の聞こえなかったイヤホンが正常な音量で聞こえたので、
 マイクのジャックの部分の不良かコードが断線しているという事がわかりました。
 
●コードの断線もテスターを使って調べることができます。

3.コードが断線していて頭の部分が正常なものと、
 コードは断線していないが、頭(PTTやジャックなど)がこわれているものを
 付け替えれば直すことができます。

*写真のように見てすぐ線が切れているものは、
 線を半田で付ければ直りました。

鎌トレ EM4
 

細かい部分の半田付けはかなり難しかったので、
もっと技術を磨いていかなくてはいけないなと感じました。
これからも不具合品がでてきたら、積極的に修理していきたいと思います!

土屋 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。