スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小山田子どもマラソン

こんにちは。

春のような暖かさにホッとしたのもつかの間、冬の寒さに逆戻り、まさに三寒四温ですね。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

去る2/28に、地元の小学校・中学校にて、『第33回小山田子どもマラソン』が開催されました!
今年も30台ほどのデジタル無線機をご利用いただきました。


2014年11月~2015年2月 287  ←校庭を出て、桜の名所‘尾根緑道’に上がっていきます。


主に、保護者の係りの方や安全協会の方が、運営・コースの安全確認・緊急時の連絡用として使用しました。

本部の佐藤さんより
『エリアが広いので、子供達がどこを走っているのかをわかることができ、安心感がありました。
 無線なしでは考えられないくらいです。ありがとうございました』

そうなんです!一度使うと、無しでは考えられなくなってしまうんです。必需品ですね!(^^)!


そして、今回、全体の進行をされていたのが、町田市議会議員の藤田学さんでした。

2014年11月~2015年2月 275 ←無線に入ってくるレース状況を、リアルタイムで会場に放送していました。


学さんより、使用してみての感想です。
『私たち町田市青少年健全育成小山田地区委員会の主要事業であります
小山田子どもマラソンは、33回の歴史を重ねています。
今年も450名以上の小中学生たちが参加してくれました。
みんなが悩んでいたことは、長距離のコースでそれぞれ何が起こっているか
全く把握できていないことでした。
今大会は、子どもたちが走る各ポイント、ポイントでの連絡、
そして、子どもたちに健康状態(走る様子)を、スタッフのみんなが共有することができ、
トランシーバーは、大会成功のMVP的存在となっています。
大会関係者一同、感謝、感謝です。』

皆さん、嬉しいお言葉をありがとうございました!

地域の役に立つことができ、また、その現場を見ることができたのは、とても有意義な時間でした。

私も子どもの頃から走っていた小山田マラソンに、
またこういう形で関わることができるとは・・・感慨深いです。

来年も再来年も・・・お手伝いさせていただきたいと思いました(*^_^*)


                   ソラーレ株式会社  冨田 有
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。